美容師の給与形態

美容師の給与形態

美容師の給与形態 美容師の給与形態は経験年数や技術によって決まります。入職したての時はたとえ国家試験に合格していても未経験であればアシスタントからのスタートです。主に雑用や先輩美容師のアシストが仕事で仕事の合間やサロンの開店前・閉店後に技術練習をし、合格しなければお客様に施術は出来ません。アシストのお給料は少ないですが、ハサミやシザーケースなどの専門用品を買いそろえる必要があったり、毎日長時間の練習があったりと経済的にも肉体的にも大変な時期です。

その後技術を身につけていき、スタイリストとなればサロンによって違いますが、固定給は上がりますし歩合性を採用している所の場合、指名が入れば更にお給料は上がります。スタイリストになってからも練習は必要ですが、アシスタント程の大変さは無くなるため、肉体的な負担も軽減します。更に技術だけではなくセンスも磨いていけばショーや雑誌などサロン以外でもお仕事の幅が広がっていきます。

美容師として勤務した場合の給与は振込が一般的

美容師として勤務した場合の給与は振込が一般的 美容師で勤務した場合に支払われる給与は、振込によるものが一般的です。雇われる側として勤務した際には、入社の時にサロンから振込に使う銀行口座を開設するように言われることがあります。これは、サロン側が一括して支払う時に手数料を省くための工夫で、経費節減にも役立ちますのでサロンオーナーになった際にもこの方法で経費を節減することが可能です。

美容師は一か月に1回給与がもらえるほか、社員にはボーナスももらえます。ボーナスの金額や有無はそのヘアサロンによっても異なりますが業績の良いサロンでは支払われるのが一般的です。アシスタントとして入社するのが一般的な美容師の職場は、一般的には重量度な割に給料があまり高くないという印象がありますが、技術を身につけて予約が入るようになると、その実績に応じて給料もアップするシステムになっていますし、サロンディレクターやトップスタイリスになると高額の収入を得ることが可能となります。

新着情報

◎2019/3/29

中途採用の流れ
の情報を更新しました。

◎2019/3/6

美容師になるためのカリキュラム
の情報を更新しました。

◎2019/2/20

経験や能力に合わせて就職する
の情報を更新しました。

◎2019/1/23

美容師の給与形態
の情報を更新しました。

◎2018/11/20

美容師の給与締め日はいつ?
の情報を更新しました。

◎2018/8/31

サイト公開しました

「美容師 支払い」
に関連するツイート
Twitter